ファッションは文化だと信じるオールドタイプのアパレル オーバー30 東京、ロンドンと来て今は仙台在住 趣味イス集め 長男 きまぐれ 温泉ずき。


by akatycoon03
カレンダー

2009年 12月 28日 ( 1 )

年末だからひさびさ映画紹介でも。


<パンズ ラビリンス>

a0140198_14483543.jpg



アカデミー賞3部門受賞!
鬼才ギレルモ・デル・トロによる
ダークファンタジーの傑作!

みたいな宣伝でしたが、こんな内容



スペイン内戦下の1944年、生き残るためにサディストの軍人と再婚した母と主人公の10歳の女の子。

ゲリラと戦い、目の前で農民やなんかもかまわず拷問する新しい父や、そんな状況になじめず、孤立していく少女。


そんな中、牧神パン(頭が山羊で体が人間みたいなやつ。身長2mくらい)に出会い、

『あなたは実は地下の王国の王女様なんです。』

みたいなことを言われ、現実の辛さと相まってその世界に逃げ込んでいこうとする。。


あまりに残酷な拷問シーンや、ファンタジーと言いつつも基本、からだベッタベタ&虫まみれの映像に嫌悪感を感じつつ見ていて、なんとなく感じたのは、


あれ?これって『となりのトトロ』に似てる!





母親が病気で、なんとか治そうとする少女。

ひしひしと感じる戦争の影。

森の中で出会う異形の者たち。

すべてが『死』を感じずにはいられません。





そしてラストシーン・・・・





ところでこのギレルモ・デル・トロ監督(メキシカン)、日本のアニメが大好きで、宮崎駿や大友克洋の『童夢』というマンガに影響を受けたってことで、納得。



ってことでトトロや千と千尋が好きなあなたはツタヤへGO!


きっとトラウマになること間違いなし!



ボクの考える『いい映画』とは観る前と後で考え方がちょっと変わる、何かが心に引っかかる映画がいい映画だと思うんですが、その意味ではこのパンズラビリンスは、心に思いっきり大きなモノを残して行ったので、『いい映画』だと思います。


残りすぎて辛くなるかもしれないけど・・・
[PR]
by akatycoon03 | 2009-12-28 21:55 | こんな映画を観た