ファッションは文化だと信じるオールドタイプのアパレル オーバー30 東京、ロンドンと来て今は仙台在住 趣味イス集め 長男 きまぐれ 温泉ずき。


by akatycoon03
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今日の映画<ガープの世界>

出演: ロビン・ウィリアムス, グレン・クローズ, ジョン・リスゴー
監督: ジョージ・ロイ・ヒル




生まれ落ちたその場所が、不思議なこの世の始まり。ガープの世界は、あなたの世界。

子供は欲しい、でも結婚はしたくない。そう考えた看護婦が第二次大戦中、病院での瀕死の軍曹から"一方的に"精液をもらい受ける。
こうして生を受けたのが、ガープ。
レスリングに夢中になり、恋に悩み、そして小説を書く。
悲劇と喜劇がかわるがわるやってきて、ちょっと変わった人たちに囲まれた彼の数奇な運命の物語。

原作はジョン・アービングの半自伝的ベストセラー小説。映画化は不可能と言われていた傑作を、「明日に向かって撃て!」の名匠ジョージ・ロイ・ヒル監督が見事に描き上げた。




はい、こんにちは。FURUYAです。たまにはツタヤでレンタルできる映画でもご紹介。

名作『ガープの世界』ですが恥ずかしながらこないだはじめて見ました。

ジョージ・ロイ・ヒルといえば、『明日に向かって撃て』のラストシーンがあまりに有名な大物監督ですが、ジョン・アーヴィングの原作がその巨匠っぷりを打ち壊します。



ストーリーは、第二次大戦中、子供が欲しいが為に瀕死の兵士にまたがって妊娠した母から生まれた、ロビンウィリアムス演じるガープの物語。

やがて時が経ち、母と息子はニューヨークへ出る。
ガープは小説家として活躍するが、見よう見まねで母も小説を書き、それがベストセラーとなり、母はウーマンリブ運動の指導者にまつりあげられていく。
ゲイや女性の弱者の為の施設を作り、 更に運動を激化し、まるで宗教や政治の指導者のようになっていく母。
ガープはそんな母と距離を取りつつ、作家として独立し、母とは違う暖かい家庭を築いていこうとするが、妻が浮気。
なんだかんだで元のさやに戻りかけるが妻がまた浮気。

逆上したガープは子供を乗せたまま車で妻と相手がチョメチョメしてるとこに突っ込む・・・

そっからもまだまだいろいろあるんですが、これ以上は実際観て見てくださいな。

話だけ聞くとものすごいシリアスなんですが、このジョン・アーヴィングというひとはそれをコメディのようなタッチにしてしまうからすごい。

笑っていいのか、これ?っていう、楽しいのか、哀しいのか分からなくなる感情を揺さぶられる映画です。

ちなみにこれがおもしろかったって言う人はこの作家の『ホテルニューハンプシャー』や『スローターハウス5』などもオススメ。

もっと複雑な話が楽しめますよ~。
[PR]
by akatycoon03 | 2009-11-25 01:16 | こんな映画を観た